えがおのブルーベリーで視界を良い状態に整えよう

妊娠中にも

ピンクの錠剤

アントシアニンをはじめ、ルテインやビタミンB群など、目に良い成分は多くあります。
その中でも最近トレンドとなっている成分がポリフェノールであり、それを多く含んでいるカシスです。
カシスにはポリフェノールが多く含まれており、このカシスポリフェノールは製菓メーカーと大学の共同実験で、まぶたの下のクマを解消するなどの美容効果も得られることが分かってきています。
これはクマの部分の血流改善効果があったためです。
また目そのものにも良い成分としてカシスポリフェノールは知られており、そのポリフェノールの一種であるアントシアニンも含まれているため、目の機能改善や眼精疲労防止も望めます。
このような効果のからもカシス配合のサプリメントはトレンドな製品として耳目を集めています。

今でこそ数多くの目に良い成分が分かっていますが、その研究は今までの様々な研究者たちの積み重ねによるものです。
例えばアントシアニンは、第二次大戦中にパイロットがブルーベリージャムを食べると、夜に視界が広く感じられることに気づいたのがはじまりです。
アントシアニンの他にも、ルテインや各種ビタミンなど何れも現在も研究の成果がサプリメントという形になって結びついています。
このように目に良い成分の研究は研究者やラボが必要となるため、大手の製薬メーカーなどが積極的に行っています。
その研究結果は商品にフィードバックされています。
最近の研究でもカシスに含まれる、カシスポリフェノールの働きが、緑内障などの予防や血流改善効果などの効果もあるのが判明するなど、研究成果は順次サプリメントに活かされています。